リアルタイム制御可能なPCの環境構築、動作確認

PCについて

弊社「TEGSYS」にてPC本体も含め、最適なご提案が可能です。

お客さまの課題

手持ちのPCI拡張カードを搭載できる、リアルタイムで割り込み制御可能なPCを調達したい。また、今後、同様の構成を定期的に用意する必要がある。

弊社ご提案

ご相談の上、PCはPCIバスがネイティブ動作する世代とし、Linuxカーネルにリアルタイムパッチを適用する方法にてご提案いたしました。

作業内容

本事例では、Fedoraをベースとして、バニラカーネル+リアルタイムパッチを導入した仕様を構築し、該当PCIカードのモジュールコンパイルと指定プログラムでの動作検証を行っております。また、次回以降に同じ環境が構築できるように、該当カーネルをrpm化して導入手順書を作成いたしました。

構築費用(ご参考)

1台あたり ¥200,000
※ 消費税は含んでおりません。
※ 構築条件等により、ご提案の価格は変動いたします。

お客さまの課題まとめ

  • 手持ちのPCI用の拡張カードを利用し、1ms程度のリアルタイム処理可能なPCが必要。
  • 今後の研究開発にて、同等のマシンが定期的に必要となるため、導入手法の標準化をしたい。

導入効果

  • 研究に必要な精度のリアルタイム処理可能なPCを用意することができた。
  • 今回作成したカーネルをパッケージ化することで次回導入コストを低減することができた。

コメントを残す